ガイド
事業について
(公1)健康に関する情報の調査、収集及び提供
← 事業についての目次へ
 
■健康情報ライブラリ事業
  地域保健活動において使用するDVD、CD-R、パネル、疑似体験教材及び測定機器等の健康教育教材について、道内におけるニーズを調査のうえ整備し、市町村や保健所等に無償で貸出しする。
○貸出し教材種類
・CD-R
・DVD

・ビデオテープ
・パネル
・妊娠シミュレータ、血管年齢測定器 等
■生活習慣病地域特性評価事業
  生活習慣病予防対策の充実強化を図るため、専門家グループに委託し、主要生活習慣病死亡率を解析・評価するとともに、その結果を市町村や関係機関、団体に提供する。  
○主な対象疾患
・心疾患
・脳血管疾患
・悪性新生物 他

公2)地域におけるプライマリ・ケアの推進
 
← 事業についての目次へ
■プライマリ・ケア推進事業
 地域において、総合的・継続的に対応できるプライマリ・ケアを推進するため、各診療科別の専門医が、総合診療医等に対して、最新の高度な情報を提供する「スキルアップ支援事業」や、道内各地域の住民に対して、地元の医師により疾病の予防や治療に関し、正しい知識を提供する「健康教育事業」を、医療・健康に関する専門知識を有し、唯一全道展開できる北海道医師会に委託して行う。
○対象者
医師等医療従事者及び一般道民 
■特定保健指導実践指導者育成研修事業
 医療保険者が実施している「特定健診・特定保健指導」の従事者に対して、生活習慣病の病態に関する知識や保健指導(栄養指導を含む。)の向上及び健診保健指導事業を適切に企画・評価できる人材の育成を目的として研修会を開催する。 
○実施主体
北海道健康づくり財団、北海道、北海道糖尿病対策推進会議
公3)健康に関する知識の普及啓発及び研修
← 事業についての目次へ
 
■健康づくり広報事業
(1)北海道健康づくり実行委員会 
 北海道医師会、北海道歯科医師会、北海道薬剤師会他4団体と構成する北海道健康づくり実行委員会に参画し、健康に関わる様々な情報の提供を行う。
(2)北海道禁煙週間実行委員会との協働事業
 喫煙の健康への影響について、道民の理解を深めるため、北海道及び北海道禁煙週間実行委員会と協働し、禁煙ポスター懸賞募集、禁煙パレード等を実施する。
・禁煙週間
5月31日〜6月6日
(3)がん予防道民大会実行委員会
 道民に対するがんに関する正しい知識の普及啓発を図るため、がん予防道民大会実行委員会に参画し、「がん予防道民大会」を開催する。
・主催
北海道健康づくり財団、北海道、北海道対がん協会、開催市町村
■健康運動普及推進事業
 運動と休養の観点から、ウォーキング及びノルディックウォーキングによる健康づくりを道民に広く普及啓発させることを目的に「すこやかロード」を利用したウォーキング大会等を市町村や関係団体との共催により開催する。
また、生活習慣病の予防や冬期間の運動不足解消等に有効とされているノルディックウォーキングの普及推進員を養成するための講習会を開催する。
(1) ノルディックウォーキングを中心としたウォーキング大会の開催
  ・開催回数  2回
  ・開催場所  すこやかロード認定市町村
  ・参加対象者 地域住民等
大会報告

(2)北の都札幌ツーデーウォークの開催
  ・開催場所  札幌市

(3)おおたき国際ノルディックウォーキングの開催
  ・開催場所  伊達市大滝区

(4)ノルディックウォーキング普及推進員養成講習会の開催 
  ・開催回数  1回
  ・参加対象者
 道内市町村、保健所及び医療機関等で健康運動事業を担当する者
 

■糖尿病講演会開催事業
 道民に対して、糖尿病の予防及び治療に関する知識の普及啓発を図るため、糖尿病専門医などによる「糖尿病講演会」を道内市町村で開催する。
○実施主体
 北海道健康づく財団、北海道糖尿病対策推進会議、北海道医師会、郡市医師会、日本糖尿病学会北海道支部、北海道糖尿病協会、北海道、市町村
■地域保健活動推進事業
 道民に対して、歯、薬及び食育に関する正しい知識や情報を提供し、道民一人ひとりの健康意識の醸成や正しい健康習慣の定着を図ることを目的に、その分野の専門団体と協働で健康教育事業を実施する。
○協働実施団体
北海道歯科医師会
北海道薬剤師会
北海道食生活改善推進員協議会
公4)健康づくりの促進に対する助成
← 事業についての目次へ
 
■すこやかロード推進事業
 北海道と協働して、市町村が整備した健康づくりに有効な各要素を満たしているウォーキングロードを「すこやかロード」に認定するとともに、認定市町村が当該ロードを利用した「すこやかロード関連事業」に助成し、ウォーキングによる健康づくりを道民に普及啓発する。
○すこやかロードの認定
 すこやかロード認定委員会において、道勾配や景観、水のみ場など健康づくりのために歩くことで効用のある各要素を審査の上、認定書を交付する。
○ 「すこやかロードマップ・ガイド」の作成
 すこやかロードマップとその特徴を記載したガイドを作成し、併せて財団ホームページに掲載する。
○ 助成
 すこやかロード普及関連事業の経費として、認定市町村1市町村あたり150千円を限度に2年間助成する。
■健康づくり推進地域支援事業
 北海道が策定した「すこやか北海道21(北海道健康増進計画)」の柱である「生活習慣の改善」と「生活習慣病の予防」並びに「特定保健指導」に関する健康教育事業等を実施する道内市町村等に対して「健康づくり推進地域支援事業助成要領」(別紙)に基づき助成する。
○実施主体
 市町村、保健所
○ 対象事業
 地域住民や地域組織の指導者、保健医療業務従事者等を対象とした講演会、講習会、研修会等の健康づくり事業
○ 助成
1か所あたり220千円を限度に助成する。
なお、講師謝金については50千円を限度とする