メニューをクリックしてください     ウォーキングを楽しむ前に           

効  果
 ウォーキングは、足腰への負担が少なく手軽に始められるため、子どもからお年寄りまで一緒に楽しめる「健康づくり」のための運動として最適で安全です。

 大人にとっては生活習慣病の予防や体力増進などが期待できます。そして、子どもにとっては偏平足の予防や体力づくり、また、家族と一緒に季節感を楽しむといった情緒を育てる効果も期待できます。

 正しい歩き方でウォーキングをすることにより、短時間でも長期間継続することで、さまざまな効果が得られます。まずは、1日20分から、週に3日以上、などからはじめ、自分のペースをつかんでいってください。
みんなでノルディックウォーキング
生活習慣病の予防になる
ウォーキングは、有酸素運動です。ウォーキングによって酸素需要が増加すると、肺や心臓の活動が活発になり、血流量が増加します。それにより、血管の弾力が増し、また、善玉コレステロールの増加や、脂肪燃焼の増加という効果が得られ、生活習慣病の予防につながります。激しい運動は、無酸素運動になって血圧を上げるので、生活習慣病の改善・予防にはおすすめできません。
 
体力がつく
体に酸素を取り入れる能力が高まることにより、循環器や呼吸器の機能が高まって、持久力がつき、防衛体力が増進します。
 
老化防止によい
ウォーキングをすることにより、筋力がアップします。「老化は足から」と言うように、上半身より下半身の筋力の方が早く落ちると言われています。ウォーキングによって、筋肉からの信号が脳を活発化させます。ウォーキングによって、筋力アップ、脳の活性化が期待できるため老化防止に効果的です。
 
ストレス解消になる
ストレスは、心身に悪影響を及ぼします。きれいな景色を見ながら、仕事や家事を忘れ楽しくウォーキングすることにより、心身ともにリラックス・リフレッシュできるホルモンが分泌され、適度な疲れと爽快感がストレス解消につながります。