健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理
TOP → 健康レストラン → 観光・郷土料理 → 和食
back back BACK NEXT next next
健康レストラン
観光・郷土料理 実り豊かな大地から独創的な1品を・・・ イメージ
秋刀魚ちらしハスカップ風味 魚 野菜 その他 1人分の熱量 559Kcal
作者:高橋 栄一(北全調美唄支部)
秋刀魚ちらしハスカップ風味
材料名 使用量(1人分) 材料名 使用量(1人分)
寿司舎利
砂糖
 
 
 
210g
10ml
12.6g
少々
生秋刀魚(半身生肉) 100g
北海しば海老
(頭、皮を除く)
5尾28g
ハスカップの実 5〜6粒
梅漬け 25g
グリーンアスパラの西京漬 15g
錦糸卵 鶏卵1/2個分
長ねぎ(白い部分) 5g
生生姜 3g
菊花 2g
乾海苔 少々
甘酢生姜 少々
西京漬用味噌 適量
大葉 1枚

献立の栄養価表
(1人前)
蛋白質(g) 29 食塩(g) 3
脂肪(g) 19 ビタミン A(IU) 246
糖質(g) 29 B1(mg) 0.07
カルシウム(mg) 12 B2(mg) 1.22
鉄(mg) 3 C(mg) 5
調理方法
(1) 寿司舎利は酢を二割程度減らして合わせ、ハスカップの実を細かく刻んで混ぜる。
(2) 鮮度の良い秋刀魚を三枚に卸し、小骨を抜き、細工作りにしておく。
(3) 錦糸卵は半量使用
(4) グリーンアスパラは西京漬として半分を使用、細切りにする
(5) 長ねぎは白髪ねぎとする。
(6) 生生姜は纎切りとして水に晒す。
(7) 菊花はほぐし、湯をくぐらせ酢洗いとする。

盛り付け
(1) ちらし用の寿司容器(角を使用)に1)の舎利を盛る。
(2) 舎利の四隅を少し空け、色づいた舎利を見せるように2)の秋刀魚と7)の菊花を混ぜて盛る。
(3) 秋刀魚の上に4)アスパラ、5)長ねぎ、6)生姜を盛り、針海苔を天飾りとする。
(4) 脇に大葉を散らし、梅漬けを飾る。
(5) 甘酢生姜を添える。

主催:(社)北海道全調理師会
後援:(財)北海道健康づくり財団
← 観光・郷土料理の目次へ

back back BACK NEXT next next
健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理

Copyright (C) 2001 Hokkaido Health Promotion Foundation. All Rights Reserved.