健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理
TOP → 健康レストラン → 観光・郷土料理 → 洋食
back back BACK NEXT next next
健康レストラン
観光・郷土料理 実り豊かな大地から独創的な1品を・・・ イメージ
帆立貝と野菜の温製サラダ 魚 野菜 その他 1人分の熱量 540Kcal
作者:青木 克宏(北全調札幌中央支部)
帆立貝と野菜の温製サラダ
材料名 使用量(4人分) 材料名 使用量(4人分)
帆立貝(活)貝柱 12個 480g
ベビーロブスター(冷) 32個 130g
椎茸 8枚
本しめじ 1P/C
ブロッコリー 1株
トマトフォンデュ
(市販品)
240g
エクストラバージオイル
(オリーブオイル)
大さじ6杯
浅月 4〜5本
セルフィーユ 1/10P/C
イタリアンパセリ 1/10P/C
適量
胡椒 適量
ジェノバペースト
(市販品)
大さじ3杯
人参 200g
玉ねぎ 300g
セロリ 100g
ローリエ 1枚
パセリの茎 20g

献立の栄養価表
(1人前)
蛋白質(g) 36.6 食塩(g) 2
脂肪(g) 35.8 ビタミン A(IU) 1993
糖質(g) 18.2 B1(mg) 0.16
カルシウム(mg) 107 B2(mg) 0.31
鉄(mg) 2.8 C(mg) 45
調理方法
(1) 人参、玉ねぎ、セロリをミルポアに切り、パセリの茎、ローリエ、水でフォンドレギュームを取る。
(2) 帆立貝は縦半分、横半分の1/4に切り、ベビーロブスターは解凍しておく。
(3) 椎茸、本しめじは石づきを除き、椎茸は1/4、本しめじ、ブロッコリーは小房に分ける。浅月は小口切りにする。
(4) ブロッコリー、本しめじ、椎茸、帆立、ベビーロブスターをフォンドレギュームでブランシールする。
(野菜の歯ごたえを残し、帆立、ベビーロブスターは生食用なので、あまり火を通さないようにする)
(5) ブランシールしたものを水気を切ってボールに取り、エクストラバージンオイル、塩、胡椒で味を調える。
(6) トマトフォンデュは鍋で温める。
(7) ジェノバペーストはエクストラバージンオイルと同分量で合わせて置く。
(8) 盛りつけ
皿の中央にセルクルを置き、その中に野菜、帆立、ベビーロブスターの順に入れる。
温めたトマトフォンデュをかけ、上から浅月、セルフィーユ、イタリアンパセリ、を飾り、回りにトマトフォンデュ、ジェノバペーストを交互にかける。

主催:(社)北海道全調理師会
後援:(財)北海道健康づくり財団
← 観光・郷土料理の目次へ

back back BACK NEXT next next
健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理

Copyright (C) 2001 Hokkaido Health Promotion Foundation. All Rights Reserved.