健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理
TOP → 健康レストラン → 健康づくり料理 → 和食
back back BACK NEXT next next
健康レストラン
健康づくり料理 健やかに長寿し健やかに老いる為に・・・ イメージ
鱈の五目蒸し 魚 蒸す 1人分の熱量 348Kcal
作者:千葉 伸一(北全調留萌支部)
鱈の五目蒸し
材料名 使用量(1人分) 材料名 使用量(1人分)
100g
もち米 30g
人参 15g
椎茸 15g
竹の子 15g
銀杏(水煮) 4粒
栗(甘露煮) 1個
絹さや 2枚
紅葉生麩 1枚
昆布 適量
出し汁 200ml
少々
醤油 大さじ1.5杯
味醂 大さじ3杯
片栗粉 小さじ1杯
少々

献立の栄養価表
(1人前)
蛋白質(g) 23 食塩(g) 4
脂肪(g) 0.9 ビタミン A(IU) 748
糖質(g) 54 B1(mg) 0.20
カルシウム(mg) 66 B2(mg) 0.29
鉄(mg) 2 C(mg) 6
調理方法
(1) 鱈は切り身に包丁を入れて開き、薄く振り塩をして20分間おき、酒少々を振っておきます。
(2) もち米を洗って1時間うるかしてから水を切り、醤油、味醂少々を振りかけておきます。
(3) 栗は粗みじんに切っておきます。椎茸、人参、竹の子は5mm角に切り、出し汁50ml醤油大さじ1/2、味醂大さじ1で味をつけておきます。銀杏は四つ切りに切っておきます。
(4) 昆布は鱈の大きさに合わせて切り、バットに並べて、その上に1)の鱈をのせ、切れめに2)のもち米と3)の材料を合わせ混ぜたものを挟みます。
(5) 蒸し器に4)を入れ、もち米が柔らかくなるまで蒸します。
(6) 絹さやは、塩茹でにし、紅葉生麩は出し汁50ml、醤油おさじ1、塩少々で味つけしておきます。
(7) 小鍋に、出し汁100ml、醤油大さじ1/2杯、味醂大さじ1、塩少々、片栗粉小さじ1杯を水で溶いたものを入れて、火に掛けて、くずあんをつくります。
(8) 器に蒸した、鱈、絹さや、紅葉麩を形よく盛り、くずあんを掛けて供します。

主催:(社)北海道全調理師会
後援:(財)北海道健康づくり財団
← 健康づくり料理の目次へ

back back BACK NEXT next next
健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理

Copyright (C) 2001 Hokkaido Health Promotion Foundation. All Rights Reserved.