健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理
TOP → 健康レストラン → 健康づくり料理 → 和食
back back BACK NEXT next next
健康レストラン
健康づくり料理 健やかに長寿し健やかに老いる為に・・・ イメージ
鰯の掻き揚げ丼 魚 その他 1人分の熱量 596Kcal
作者:高橋 敏一(北全調苫小牧支部)
鰯の掻き揚げ丼
材料名 使用量(4人分) 材料名 使用量(4人分)
4本
玉ねぎ 4/6個
椎茸 2個
赤ピーマン 1個
青ピーマン 2個
生姜 20g
天ぷら衣 180ml
天丼のタレ 240ml
ご飯 1000g

献立の栄養価表
(1人前)
蛋白質(g) 11.6 食塩(g) 2.3
脂肪(g) 32.1 ビタミン A(IU) 171
糖質(g) 59.2 B1(mg) 0.13
カルシウム(mg) 42.4 B2(mg) 0.18
鉄(mg) 1.6 C(mg) 3.74
調理方法
(1) 鰯は三枚におろし、腹骨をすく。立て塩に5分間位浸し、その後牛乳に浸し臭みを抜く。十分に水分を拭き取った後に、縦に一本包丁を入れて、さいの目に切る。
(2) 玉ねぎは皮を剥き、縦割りにした後、鰯と同じ位のさいの目に切る。
(3) 椎茸は石づきを取り除き、鰯と同じ位のさいの目に切る。
(4) 赤ピーマン、青ピーマンは天地を切り落とし、縦割りにした後、中の種を取り除き、さいの目に切る。
(5) 生姜は皮を剥き、千切りにした後、水に晒してあくを抜き、その後水気を拭き、油で揚げる。
(6) 冷えた水に卵黄を加え、薄力粉を入れながら粘りをださないようにサッと混ぜて天ぷらの衣をつくる。
(7) 出し汁6、薄口しょうゆ3、味醂3、砂糖1の割合で鍋に入れ、沸騰したら弱火にして10分間位煮詰めて、天丼のタレをつくる。
(8) ボールに材料を全部入れて合わせ、打ち粉を少々した後天ぷらの衣を適量入れて掻き揚げにする。ご飯を盛り、天丼にする。かもじ生姜を天に飾り供する。

主催:(社)北海道全調理師会
後援:(財)北海道健康づくり財団
← 健康づくり料理の目次へ

back back BACK NEXT next next
健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理

Copyright (C) 2001 Hokkaido Health Promotion Foundation. All Rights Reserved.