健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理
TOP → 健康レストラン → 健康づくり料理 → 和食
back back BACK    
健康レストラン
健康づくり料理 健やかに長寿し健やかに老いる為に・・・ イメージ
鱈と雲丹の包み蒸し 野菜 魚 蒸す 1人分の熱量 174Kcal
作者:滑川 敏行(北全調札中央支部)
鱈と雲丹の包み蒸し
材料名 使用量(4人分) 材料名 使用量(4人分)
200g
生雲丹 60g
ほうれん草 100g
生湯葉 40g
人参 100g
しめじ茸 50g
銀杏 40g
海老 80g
白胡麻 50g
グリーンアスパラ 60g
鰹出し汁 300ml
薄口醤油 適量
味醂 小さじ1杯
小さじ1/2杯
大さじ2杯
小さじ1/2杯
カップ1杯
昆布 5cm

献立の栄養価表
(1人前)
蛋白質(g) 18.8 食塩(g) 1.0
脂肪(g) 7.3 ビタミン A(IU) 1725
糖質(g) 9.2 B1(mg) 0.31
カルシウム(mg) 175 B2(mg) 0.14
鉄(mg) 3.6 C(mg) 22
調理方法
(1) 鱈は好みの大きさに包丁をした後、一度霜降りをします。
水分を取り、水、酒、塩の中に昆布を入れて漬け込みます。
(2) ほうれん草は手早くあおり、冷まします。
(3) アスパラは薄皮を剥き、あおります。
(4) しめじも同様にします。
(5) 人参は皮を剥き、小丸にくり貫き一度あおります。
(6) 人参、しめじ、アスパラを鰹出し汁に塩を入れて下味をつけます。
(7) 白胡麻をフライパンで煎り、当たり鉢にて当たり、その中に出し汁、薄口醤油、味醂、塩で味をつけ、裏ごしをしておきます。
(8) 湯葉を正方形に切り、下味をつけた鱈の水分を取り除き生雲丹を巻き、湯葉で包みます。(※湯葉は一度出し汁で下味をつけます)
蒸し器で7〜8分蒸します。
(9) 器に胡麻餡を敷き、その上に蒸した鱈を乗せ、その上にほうれん草の 水切りをして包丁したものを形良く乗せ、塩茹でした海老を添えます。
(10) 周りに人参、銀杏、しめじを彩り良く散らします。

主催:(社)北海道全調理師会
後援:(財)北海道健康づくり財団
← 健康づくり料理の目次へ

back back BACK    
健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理

Copyright (C) 2001 Hokkaido Health Promotion Foundation. All Rights Reserved.