健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理
TOP → 健康レストラン → 健康づくり料理 → 和食
NEXT next next
健康レストラン
健康づくり料理 健やかに長寿し健やかに老いる為に・・・ イメージ
おからとひじきの和風ハンバーグ 野菜 肉 卵 炒める 焼く 1人分の熱量 324Kcal
作者:谷 渡(北全調苫小牧支部)
おからとひじきの和風ハンバーグ
材料名 使用量(4人分) 材料名 使用量(4人分)
鶏ひき肉 200g
おから 200g
玉ねぎ 中1個
人参 40g
鶏卵 中玉2個
青唐(ししとう) 4本
片栗粉 大さじ2杯
舞茸 200g
大根おろし 80g
醤油 大さじ4杯
味醂 大さじ1杯
大さじ2杯
サラダ油 大さじ2杯
バター 10g
砂糖 大さじ1/2杯
適量
胡椒 適量
味の素 適量
出し汁(かつお) 0.5カップ
ひじき 20g

献立の栄養価表
(1人前)
蛋白質(g) 20.0 食塩(g) 3.5
脂肪(g) 17.0 ビタミン A(IU)  
糖質(g)   B1(mg)  
カルシウム(mg)   B2(mg)  
鉄(mg)   C(mg)  
調理方法
(1) おからは鍋に入れ、混ぜながら火に掛け水分を取る。
(2) ひじきは水で戻して砂糖、醤油等で下味を付ける。
(3) 玉ねぎ、人参はみじん切りにする。
(4) 鶏ひき肉は、鶏卵、片栗粉に1)、2)、3)等を混ぜ合わせて塩、胡椒、味の素で味つけする。
よく混ぜ合わせ、ねばりが出るまで練る。
それを4等分に分け、丸く平らにしてサラダ油で焼く。
焼き色が付いたら裏返して、カップ0.5杯の水を入れ、鍋の蓋をして弱火で蒸し焼きに焼き上げる(約5分間)。
(5) 舞茸は食べやすい形に切り、青唐と油炒めにする。
最後に、バターを入れ、塩、胡椒で味つけして器に盛り、ハンバーグのタレを小器に入れ添える。
タレの作り方  
醤油 大さじ3、味醂 大さじ1、酒 大さじ1、出し汁0.5カップに熱を入れ、大根おろしを入れて作る。

主催:(社)北海道全調理師会
後援:(財)北海道健康づくり財団
← 健康づくり料理の目次へ

NEXT next next
健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理

Copyright (C) 2001 Hokkaido Health Promotion Foundation. All Rights Reserved.