健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理
TOP → 健康レストラン → 健康づくり料理 → 和食
back back BACK NEXT next next
健康レストラン
健康づくり料理 健やかに長寿し健やかに老いる為に・・・ イメージ
焼き なます 野菜 炒める その他 1人分の熱量 - Kcal
作者:本間 勇司(北全調札幌中央支部)
焼き なます
材料名 使用量(4人分) 材料名 使用量(4人分)
2合
発芽大麦 15g
古代米 15g
なす 1本
小玉葱 4個
ピーマン 赤黄 各1/2個
茗荷 1本
印元豆 8本
大根 150g
ヤーコン 150g
じゃが芋 M玉 1個
出し汁 5カップ
味醂 1カップ
酒(料理酒) 1カップ
うすくち醤油 1/2カップ
1カップ
10g
片栗粉 30g
キャノーラ油 5カップ
オリーブオイル 1カップ

献立の栄養価表
(1人前)
蛋白質(g) - 食塩(g) -
脂肪(g) - ビタミン A(IU)  
糖質(g)   B1(mg)  
カルシウム(mg)   B2(mg)  
鉄(mg)   C(mg)  
調理方法
(1) 米を研ぎ、大麦、古代米を混ぜ、炊き上げます。
(2) 野菜(なす、小玉葱、色ピーマン、茗荷、印元豆、大根、ヤーコン)は一口大の大きさにカットします。
(3) じゃが芋は薄くスライスして、千切りをして、水にさらしておきます。
(4) 出し汁の中に味醂、酒、薄口を入れて味つけして、沸かしておきます。
(5) フライパンにオリーブオイルを引き、一口大の野菜を炒め(4)の中に入れます。
茗荷だけ酢の中に入れて置きます。
(6) ある程度に野菜に味が含んできたら、鍋からボールに移し氷水で冷まし、全体が冷えきったら、酢と茗荷を入れ、更に味をなじませます。
(7) じゃが芋の千切りに片栗粉をまぶし、炊き上げたご飯に包むようにして、油の中に入れて揚げます。
(8) 後は、彩り良く盛り付けて、煮汁を野菜全体にかけます。

主催:(社)北海道全調理師会
後援:(財)北海道健康づくり財団
← 健康づくり料理の目次へ

back back BACK NEXT next next
健康づくり料理 観光・郷土料理 地域健康料理 高齢者簡単料理

Copyright (C) 2001 Hokkaido Health Promotion Foundation. All Rights Reserved.